享楽堂日報

空想家のための古書店 享楽堂の店主の日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ブラック・ジュース

河出書房の奇想コレクションは
SF・ミステリ・純文学・ファンタジーというジャンルに囚われずに
不思議な手触りの短篇を作家ごとに編集したシリーズ。
今のところの最新巻「ブラック・ジュース」マーゴ・ラナガンを読みました。

全く知らない作家さんでしたが、とても好きなタイプの作家さんでした。
描写や会話の端々から、不思議な世界観をじわじわと広げて
気がつくと読者はその世界が愛おしく思えてくるような。
派手な展開やひねりの効いたラスト。はないのだけど
非現実的な世界を訥々と当たり前のことのように語り続けていく感じが
とても心地よかったです。

特に好きだったものは
「沈んでいく姉さんを送る歌」
「愛しいピピット」
「大勢の家」
「融通のきかない花嫁」

「融通の―」は
私は自分の信じてる途を、自分の納得できるやり方で貫き通して、
自分なりの結果(それが世の中には誉められないものでも)を得た
主人公がとっても素敵な話だなぁ。と思ったのですが、
訳者の方があとがきで、主人公の融通の利かなさにいらいらしたり、滑稽・・
みたいなことを書いてらして、あまりの感想の違いに愕然としました。
私、読み方おかしいのでしょうか・・・。

ブラックジュース (奇想コレクション)
ブラックジュース (奇想コレクション)
(2008/05)
マーゴ・ラナガン

商品詳細を見る
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyorakudo.blog39.fc2.com/tb.php/34-4ab68c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

享楽堂店主

Author:享楽堂店主
幻想文学、ファンタジーなどを扱う
【空想家のための古書店 享楽堂】
の店主です。

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。